元々はダメだった

従来では農家でソーラーシェアリングをすることができませんでしたが、現代では政府が認めているので、利用することが可能となっているのです。ですので、利用する前に基礎知識を身に付けておくと良いでしょう。また、ソーラーシェアリングとは、農業と発電事業を一緒にしていくことです。

ソーラーシェアリングによるメリット

  • 農業と発電を同時進行できるので収入が安定する
  • 収入の安定によって農業を始める方が増える
  • 専業農家の増加が期待できる
  • 安定した収入により作物の管理システムをアップできる

ソーラーシェアリングを使う?使わない?

使用しない

ソーラーシェアリングを使用するには手続きが必要なので、取り付けなければ手間を取られる心配がありません。そして、設置するための費用もかからないので、赤字になることがないでしょう。

取り入れる

初期費用はかかってしまいますが、太陽光を吸収して電気代に換算することができるシステムですので、電気代を抑えることが可能となっています。ですので、長い目で見ればお得と言えるでしょう。

業者に連絡する流れ

口コミを調べる

ソーラーシェアリングを取り入れるなら専門業者に依頼しなければなりませんが、何も考えずに依頼してしまうと後悔することがあります。ですので、口コミサイトを活用して優良業者を探すと良いでしょう。

パンフレットを請求する

気になる企業が見つかったら、まずはパンフレットを頼んでみるといいかもしれません。そして、パンフレットは無料で手に入れるところもあるので、無駄な費用を省くことができるようになるでしょう。

電話をする

資料で納得のいくプランがあったのであれば、迷わずに電話をするのが吉となっています。また、電話が繋がらない場合は、メールやファックスでも対応しているので、安心することができるでしょう。

契約を結ぶ

契約をする時には、いろいろな手続きが必要となってくるので、事前に質問しておくとスマートです。特に、ソーラーシェアリングは必要な書類が山のようにあるので、先手を打っておくのが賢明です。

導入すれば電気代削減になる<ソーラーシェアリングに必要なこと>

ソーラーパネル

用意しておくべき書類

ソーラーシェアリングを使いたいと思っているのであれば、知見者の意見書や位置図、根拠書、などが必要になっています。1つでも揃っていなければ、取り付けることができないので、必ず取り寄せておくと良いでしょう。

書類提出の必要性

書類を提出することによって、きちんとソーラーシェアリングを運転することができるか、または、周辺にある農地の所有者に迷惑をかけないかを判断することが可能になります。そのため、導入するには必ず業者に提出をしなければならないのです。

[PR]ソーラーシェアリングをはじめよう
土地活用にピッタリ☆

広告募集中