ソーラーシェアリングはすぐに許可がおりない?

ソーラーシェアリングはすぐに許可がおりない?

ビル

日光が鍵を握る

作物を育てている農地で行うソーラーシェアリングをすることになると、作物もパネルも太陽の光を十分に確保することができなければ意味がありません。また、条件によっては許可が下りない可能性もあるので、事前に何がいけないのかなどを調べておくと良いでしょう。

一軒家

陰性植物でも条件は厳しい

パネルを設置することで、光を遮ってしまうことが考えられます。そこで、日光を浴びなくてもスクスク育つものを選ぶ方法もありますが、やはり品質の問題上ソーラーシェアリングをセットするには適していないとされています。ですので、適している作物を入念にチェックして計画していくことが重要となるのです。

適している作物

模型

きゅうり

きゅうりはベランダでも育つくらい生命力が強いので、ソーラーシェアリングで光が遮られたとしても、立派に成長させることが可能となっています。また、味も変わることがないので、お勧めされています。

ぶどう

秋の味覚の代表格と言えばぶどうとなっており、甘みがあればあるほど売れ筋となっている商品です。そして、ソーラーシェアリングを取り入れたとしても、糖質に影響を及ぼすことがないので、安心です。

いなさく

日本人には切っても切れない関係にある稲は、お米の元となっています。これを育てるには多大なコストが必要となってきますが、ソーラーシェアリングを導入することによって、費用を削ることが可能です。

もも

自宅の庭でも育てようと思えば育てることができるももはソーラーシェアリングを使用してもスクスク成長してくれます。ですので、自宅や農家で試してみたいと思っている方にとっておきと言えるでしょう。

扱っている作物を知る

人間に得意なものと不得意なものがあるように、ソーラーシェアリングにも適している作物とそうでないものがあります。ですので、失敗したくないのであれば、どのようなものが対応しているのか把握しておくと良いでしょう。

広告募集中