ソーラーシェアリングで得られる利益『数字で徹底解剖』

ソーラーシェアリングで得られる利益『数字で徹底解剖』

太陽光発電

初期費用

ソーラーシェアリングは取り入れる際は自宅ようよりも高額な料金となっており、1000万円はくだらないといいます。しかし、これがあることによって、電気を売ることもできるので、損はないと言えるでしょう。

住宅

収入

平均的な電気の収入は毎月10万円となっており、少ないように感じてしまいます。しかし、長い目でみると巨額になり、たったの10年で初期費用を上回ることが可能となっているので、ソーラーシェアリングに目を向けてみると良いでしょう。

ソーラーパネル

メンテナンスが簡単

自宅に発電するソーラーパネルの農家版なので、特殊な機械を稼働させなくても自動的に日光を吸収し、発電をしてくれるのです。また、高いところにないのでメンテナンスがしやすく、住宅用に比べると定期的にそこまでメンテナンスをしなければいけないというわけでもないでしょう。

屋根

壊れにくい

畑や田んぼの上に設置することとなるので、すなわち台風に晒されているということと変わりがありません。そのようなことが起こっても簡単には破壊されないようになっているので、不安に思うことなくソーラーシェアリングを取り付けることができるでしょう。

発電方法はいろいろ

太陽光発電

太陽光発電は文字通り、太陽がでていれば電気を発電することができるようになっています。そして、電気を蓄えたら電気会社に販売することも可能となっているので、目を通しておくと良いでしょう。

風力発電

風力発電は陸地以外にも、海の上に設置することが可能となっているので、場所を取ることがありません。日本の領海であればすぐに取り付けることができますし、海辺の方が風が強いので、稼働率をあげることができるでしょう。

広告募集中